脱毛症は病院の治療で本当に生えるのか?

男性型脱毛症のことをAGAと呼んでいるわけですが、前頭部から頭頂部にわたって徐々に薄毛になっていく症状となります。
男性ホルモンであるテストステロンをDHTに変換してしまう酵素の影響によって、薄毛の症状が出てしまうことが原因です。
テストステロンに関しては思春期を過ぎてから分泌が活発になりますので、医療機関による治療やエステサロンなど様々な民間療法が発案されています。
日本では日本皮膚科学会が男性型脱毛症における診療ガイドラインが発表されており、正確な情報の提供を行って標準的な治療法を促進を図っています。
日本皮膚科学会が発表しているガイドラインの中でも、高い評価を受けている治療方法として、プロペシアやミノキシジルを配合している増毛剤を使用する方法となります。
プロペシアやミノキシジルを含んでいる医薬品については、医療機関で診療を受けることによって医師に処方してもらうことができます。
男性型脱毛症の症状の進行を防止する効果があることが認められている増毛剤を使うことで、頭皮の健康状態を維持することが可能になりますし、医薬品として認められている増毛剤になりますので安全性の高さについても立証されています。
プロペシアはテストステロンから還元酵素によって生産されるDHTを抑制する効果がある薬で、内服薬として服用する増毛剤になります。
頭皮における薄毛の原因となる物質の抑制を行うことによって、自然に頭皮環境を回復させることにつなげる薬です。
プロペシアは世界的に女性に対する服用は禁止されていて、妊婦のホルモンバランスを崩してしまうことや、赤ん坊に悪影響を与えることが考えられますので、女性が使用しないように取扱いをする必要があります。